メニュー

マスクの効用

[2022.02.05]
新型コロナ発生にかかわらず、診察中は基本的にマスクを着けていることが多いが、素材が何にせよN95でもない限り、ことウイルス相手では隙間が大きすぎてスカスカ通過してしまいます。自分がつけている理由は知らず知らずのうちに汚染した手で自分の鼻や口を触らないようにしているだけで、外部からのウイルスの侵入阻止は全く期待していない。これを科学的に証明するのは困難ではないかと思う。ましてや3密環境やクリニック待合室内では単なる咳エチケットでしかない。エチケットそのものは結構だが、外へ出たら外して頂きたい。ましてや同じものを装着し続けるなどはバイ菌培地を通して呼吸しているようなものです。私は仕事がら午前午後で新品に変えてしまいます。一般の方は無理ですよね。2枚重ねにしろとか、2才以上の子供もつけろとか、ちょっと見識を疑います。ただ大真面目に報道されているので困ったもんです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME