メニュー

年末のご挨拶

[2023.12.27]
今年もいよいよ年末となり、慌ただしい雰囲気です。医療界だけでなく政財界などを含め世界的に激動の年だったと感じます。これまで陰に隠れていて一般人にはわからなかった社会システム(量子金融、金本位制への移行、BRICSの台頭、USドルの凋落、世界的人身売買、パンデミック条例による主権のはく奪などなど)が表に出て、ワクチン関連の問題(行政と製薬会社資本との癒着)などもその一環であると感じます。イスラエルVSパレスチナなどの構図も実はシオニストの自作自演という状況は過去初めて一般的認識されたものであり、歴史的なdisclosure といえます。ウクライナVSロシアなども似たような構図と言えましょう。昔ならばTVや新聞などのメディアを通して一般人のコントロールは容易だったのでしょうが、昨今のSNSによる情報拡散能力は目を見張るものがあります。情報の多さゆえに、種々選択する能力・努力は必要ですが、正確な情報を得ることがすなわち正しい進むべき道を決める大切な要素と感じます。この傾向は来年以降もますます強まる気配です。なんとか乗り遅れないように努めていきたいと思います。新しい夜明けに向けて、皆様、良いお年をお迎えくださいませ、

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME