メニュー

新型コロナの内服薬について

[2023.09.27]
新型コロナに対する内服薬として使用されている内服薬(モルヌピラビル:商品名ラゲブリオ)ですが、これはウイルスに変異を起こさせて増殖を止めるというコンセプトのお薬です。2022年頃から使用されており、内服になったこともありかなり使用頻度が上がってきているようです。当院ではあえて処方しない方針をお伝えしていますが、理由としては薬剤が働く際に、同時に多彩な変異を有するウイルスも作り、新たな感染の源になってしまうリスクが報告されているからです。使用に対するハードルが下がってきている現状の様ですが、当院では継続して処方は控えている方針です。また新たな内服薬も処方可能となっておりますが、安全性の観点から処方は控えさせて頂きます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME