メニュー

新型コロナウイルスワクチン接種後の免疫能低下について

[2024.02.28]
新型コロナウイルスワクチン接種後の問題点としては比較的早期にくるものと、時間が経過してからのものとあるようです。接種後早期の血栓症(心筋梗塞や脳卒中など)やショックなどは酸化グラフェンという磁性体が入っていることにより、血栓症が生じやすくなることが原因と言われています。これはワクチンの本体であるスパイクタンパク複製と対をなすものであり、アスリートの突然死などはどちらかというとスパイクタンパクが悪さをして心筋炎→致死的不整脈が裏で悪さしていると言われています。さらなる問題点としては若干時間が経過してから表に出てくる免疫能低下で、時間が経過しているがゆえにワクチン接種との関連が指摘しにくい側面があります。しかし、ファイザー社が動物実験で隠していたデータには正常な免疫反応を攪乱し、リウマチなどの膠原病を発症したりする事実が含まれていました。ワクチン接種することにより正常な免疫反応であるIgGという免疫タンパクが作れなくなりIgG4という偽物が生成され、外部からの病原体に反応できなくなり重症化したり、本来自前の免疫能で抑え込んでいた帯状疱疹ウイルスなどが暴れだすといったことも報告されています。そして最近ではがんの遺伝子の一部が混入して発がんし、それを本来抑え込むはずの免疫能が機能せず、進行がん(ターボ癌)に移行する問題点も指摘されています。中にはエイズウイルスの一部が混入していることも指摘されており、ワクチン接種後の免疫能の低下には複数の要素が絡んでいる様相です。全国的に帯状疱疹が増え、それに呼応して新型の帯状疱疹ワクチンのTVCMが流れるなどは見る人から見ればマッチポンプ劇に映るでしょう。とにかく、ワクチン接種後のこういった問題点に対しては情報が錯綜しており、一般の方がネットから情報を拾い上げている状況です。デトックス・解毒といった対策として、食品としては納豆、フキノトウ、なまこ、松葉(茶)、よもぎなどが推奨されています。今後も具体的な情報が挙がってくると思いますので、期待したいところです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME