メニュー

新型コロナワクチン接種後死亡について

[2021.11.15]
新型コロナワクチン接種後の死亡例は厚労省報告では直近1300人を超えているが、因果関係が確定したのはなんとゼロ。では因果関係を証明する定義や検査方法があるのかというと?であり、実は無いのではないか?あるいは検討する気が無いのかと思ってしまう。接種開始後ほぼ1年を経過するわけだが、月100人程度が死亡報告されている事実はそれほど軽いものだろうか?以前から指摘しているように、ワクチン効果や社会的意義は別のジャンルとして検討して欲しい。水と空気と同じように無害なら、皆喜んで接種するだろうし、義務化しても誰も異論は唱えないだろう。ワクチンは可能な限り安全性を追求すべきものであるし、無害でなければ個人意思が尊重されるべきである。まして自分で判断できない未成年など、自分の意思で接種を希望した成人たちが1~2年経過し、十分な安全性の評価を経てから開始されるべきである。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME