メニュー

検診での異常血圧について

[2021.08.18]
コロナの影響で各事業所の定期健診のスケジュールが昨年から乱れております。検診でよく指摘される異常の一つに高血圧があります。いきなり180以上だったりで、深呼吸してもダメ。 はやく近所で薬をもらう様指示されて受診という流れです。ここで注意して欲しいのは検診や病院などの環境で自然に血圧が上がってしまう「白衣高血圧」というものです。これは簡単で、自宅で再度測りなおしてみれば良いのです。その時の注意としては入浴後や運動後を避けて頂くことです。意外に血圧が下がってしまうことをご存じない方が多いのです。それと朝型高血圧というやつです。日中は全然安定しているのに、朝だけは高いというパターンです。これは程度によっては治療の必要性が出てきます。いずれにせよ血圧は24時間、365日常に変動しているものです。ワンポイントの値で決めつけずに、ランダムに繰り返し測ってみることをお勧めします。その際の道具は安いもので結構です。診察では上腕に巻くものを使用していますが、これは薄着の時期は良いですが、冬場は腕まくりが面倒になり測定が雑になります。面倒くさがりの方は手首の測定器を使用して下さい。どうも自宅の血圧が信用できないという方は、一度外来に使っている道具を持参して、同時に測って確認してみるのも良いと思います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME