メニュー

泣き入りひきつけ

[2022.06.28]
小さいお子さんで泣いたことが呼び水となってひきつけてしまう「泣き入りひきつけ」という発作があります。育児の本にも書いてあるし、よく聞く病名だと思いますが、実際に自分のお子さんが発症してみないとピンとこないものです。別に重篤な経過を辿るわけでもなく、徐々に収まってしまうのが一般的ですが、発作が頻繁だったり、ひきつけの時間が長かったり、顔色が悪くなったりすると親としては心配するのは当然です。不安定な場合は他のけいれん発作を発症する病気を除外する必要がありますし、専門医の診断を仰ぐのがベターです。ただやや不安定な状況があっても、それが原因で入園(預ける)できないことはありませんし、発達状況が大きく遅れたりしなければ、保育園生活を過ごすことは可能です。先ずはご相談頂くことが重要だと思います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME