メニュー

院長ブログ

抗体カクテル療法(2021.09.18更新)
メディアでもよく取り上げられる、抗体カクテル療法が往診などでも使える様になったとのこと。ただし強いアレルギー反応が起こる可能性があり、点滴後1~2時間は要観察で、しばらくは24時間体制でフォローする必要があるとのこと。これができる要件は結構厳しくて、一人でやっている診療所では在宅対応が確立されてないと現実的ではありまえん。軽症~中等症から使用可といっても普及にはひと工夫必要ですね。SARS用に開発されたレムデシベルは入院しないと使えませんしね。結局は中等症へ移行した際やハイリスクの方を早めに入院できる体制が必要ってことです。それにしても抗体カクテル療法なんていっても医者むけの2021年版の薬剤リストですら未収載ですし、どうせアイデアはSARSがベースなのでしょう。無理やりCOVID19なんて名前を付けずに、SARSの亜型って言った方が分かりやすし、際限なく出てくる変異型などもSARSの孫・ひ孫達と言えばいいのに。 

インフルエンザワクチン(2021.09.18更新)
今年もインフルエンザワクチン接種の時期となった。昨年はほとんど陽性者がおらず(というよりも風邪症状の受診者がいなかった)、検査キットも塩漬けだった。 勤務医をしていたころ、ワクチン接種をした年から高齢者の感染・死亡退院例が減って、手ごたえを感じたが、独立してからは年によって当たり外れの差が大きい印象が強い。 接種完了後の陽性者が続くと、悲しくなってしまう。元々完璧な防御を期待できるわけではないが、接種後の安全性の面から考えれば、新型コロナウイルスよりは遙かに 安心して接種できる。残念ながら接種後死亡者は例年数人(2~3人)報告されているが、約3か月の間に5000万人程度が接種を受けることを考えれば、ワクチン本来の 予防医学としての役割は果たしているのだろう。最低でもこの程度の安全性を追求して欲しいものです(どのようなワクチンも)。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME