メニュー

近年のデトックス

[2023.10.20]
体から毒物の排出を促して、不調を未然に防ぐという意味合いで、古くからデトックスという言葉は使用されています。尿や汗、大便などは自然なデトックス行為とされ、飲水の奨励や便秘の管理、入浴やサウナなどでの発汗の誘導は理にかなったものといえます。しかし、近年は環境汚染の1部として食の汚染、水の汚染、大気の汚染が深刻になってきています。これらに加えて、新型コロナワクチンに含まれるmRNAや酸化グラフェン、重金属や人口アミノ酸などの体内汚染が新たな問題となり、これらの対策としてのデトックスが再注目されています。前述のように尿や汗、排便の管理は当然のこととして、過剰な残留農薬や塩素、フッ素などの水の対策には積極的な浄水器の利用が必須であり、「おいしい水道水」などというキャッチフレーズは遥か昔のものと認識する必要があります。また添加物(化学物資やホルモン類似物質、人口アミノ酸)の摂取を減らし、なるべく遺伝子組み換え食材を減らすなどの入口での対策も必要です。しかし、最近のmRNA法を用いた新型コロナワクチンの副作用対策としては、より積極的な取り組みが必要であるようです。想定よりも遥かに遷延化するmRNA法の残留とそれに伴うスパイクタンパクの過剰産生、結果としての免疫不全や臓器不全、不妊や流産、認知症様症状、ターボ癌などの発がんへの誘導など次々に問題点か報告され、具体的なデトックス対策が求められています。mRNAの不活化、スパイクタンパクや酸化グラフェンの減少が体調を整えたり、いわゆるシェディングと呼ばれる接種者の周辺の方がアレルギーに似た症状を生じる現象の軽減に繋がる可能性があるからです。これらにはまだ確立したものはなく、一般の方が経験的に報告しているものや研究者の報告などがSNSや紙媒体を通じて徐々に拡散されているのが現状です。具体的には薬品としてはイベルメクチンがありますが、未だにネット流通の状態です。その他普通に入手可能なのは納豆のナットウキナーゼやグルタチオン、ビタミンD、5-ALA,松葉(主にお茶として)などがサプリなどとして利用されています。他にもプチ断食としてのファスティングなども有用なようですが、個々の事例や他の報告なども沢山あるようですので自分でネット検索されることをお勧めします。幅広い内容を集約されている書籍としては石井一弘さんの「裏コロナ」エンサイクロペディア:ヒカルランドなどがお勧めです。サプリなどの服用はお金の掛かることであり、際限ないわけですが、自分なりのやり方を模索して健康への投資と認識してやっていく必要がある時代なんだと考えています。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME