メニュー

院長ブログ

笑えないワクチン話(2022.08.09更新)
学生さんたちの間でマスク合コンという企画があるそうです。マスクを付けたままの状態で食事・歓談・自己アピールなどを楽しんで、最後にマスクを外して最終判断(なんのこっちゃ?)をするのだそうです。不思議とマスク後にダメになるケースが少ないそうで、やはり個性や共通話題、キャラクターが一度受け入れられれば、容貌を凌ぐアドバンテージなると聞いてちょっと安心した次第。但し、今後ワクチンの後遺症や副作用の情報開示が進むとこういった会にも妙な味付けがされるのではと話題に。例えば「今日は鉄壁4回接種済みの会です!」とか「非接種者オンリーの会です」、とか「接種歴問わずタブーなしの会です」とか。自己紹介も「○○大学(会社)の××で~す。お酒とマリンスポーツが大好きです。おまけにレアな非接種者で~すと中和抗体陰性のPDFをかざす。とか妙な分科会が増えてくるのではと噂です。さらにブライダルチェックに接種歴や自己免疫能評価は必須よねとか。ここまでくればおじさん、おばさんは自己責任接種で結構だと思いますが、未成年、小児はとにかくmRNAワクチンの功罪がはっきりするまでは、決して早まった決断をしないようアドバイスします。限りなく追加接種を勧めている国なんて日本位ですぞ。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME